フクロモモンガ飼育記

フクロモモンガ飼育記:コンテンツ

フクロモモンガ飼育記:カテゴリー

フクロモモンガ飼育記:最近の記事



The Elegant Sugar Glider Cage (LSG-520-PWDC)PHOTO : The Elegant Sugar Glider Cage (LSG-520-PWDC)


The Elegant Sugar Glider Cage (LSG-520-PWDC)

にほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ

2012/06/03 | Sugar Glider Cage

yayoi.jpg

ヤヨイさん(ヤッちゃん)♀
体重:95g
アムちゃんと同居中

2011年1月22日生まれ
好きな食べ物:ベビーキャロット
(シンノスケとサツキさんの娘)

アムちゃん

アムちゃん♀
体重:115g
ヤヨイさんと同居中

2011年4月23日生まれ
好きな食べ物:だだちゃ豆
(シンノスケとカンナちゃんの娘)

ヤヨイさんとアムちゃんの新居「The Elegant Sugar Glider Cage (LSG-520-PWDC)」。

二頭のフクロモモンガでは手狭になってきた「21" x 14" x 36"」のサイズから「30" x 18" x 36"」へサイズアップ。サツキさんやカンナちゃん達が使っている「BRISBANE SUGAR GLIDER CAGE」とほぼ同等のサイズ感です。

管理人が悩んでいた奥行きを含む設置場所問題は、ラック部分を幅90cm、奥行き60cmのシリーズが発売されている「ERECTA」で構成することで解決。ケージを除いたラック部分は30,000円程度で必要な材料を揃えることが出来ます。

ケージ本体の組み立てには少しコツが必要ですが、タイラップを使って平均的にテンションを掛けるように組み立てればパーツの柔軟性を保ったまま剛性をあげることが出来ます。

「BRISBANE SUGAR GLIDER CAGE」と比較すると本体部分が軽量なパーツで構成されているので輸送費も抑えたれたようで2週間程度で国内へ届きました。

扉部分は「The Elegant Sugar Glider Cage (LSG-520-PWDC)」比較して開口部分も広くなりますが、12インチの「Wodent Wheel」の出し入れが出来る程度です。

床全体も弾力性があることから、ホイールの設置は床部分に固定しておかないと転倒するかも知れません。

The Elegant Sugar Glider Cage (LSG-520-PWDC)
The Elegant Sugar Glider Cage (LSG-520-PWDC)


« Prev | Main | Next »
Copyright © 2011 Reembody All Rights Reserved.

Recommend item